イワオフルート(Iwao Flute)の「フルート改造」のページです、改造例を掲載しています。
The Iwao Flute (イワオフルート) Since1958
フルートの改造♪ イワオフルート(Iwao Flute)
サイトマップ    English       イワオ楽器製作所

イワオ楽器製作所
Eメールにて
アクセス地図

ホーム > フルートの改造

フルートの改造

他社メーカー製でも大丈夫!フルートの改造を承っております。メーカーだから出来る「技」でお応え致します。
実績の一例をご紹介致します。


台座をきれいにして欲しい


とても古いフルートで海外メーカーの物です。ブリジアルドキーのポスト台座にハンダが盛り上がる程になっていました。
台座を管体から一度外し、不用なハンダを全て取り除いてバフ研磨し、改めてハンダ付けを施して再度、研磨後キーを取り付けました。

フルートの改造 フルートの改造


頭部管を短くして欲しい


とても古いフルートで音程が悪い状態でした、胴部管が木製の為に頭部管の接続部分に異物が付いていました。
管体を7ミリカットした後、ハンダ付けして改善させました。

フルートの改造 フルートの改造


Eメカニズムを付けて欲しい


インラインリングキーのフルートにEメカニズムを付けて欲しい。
通常の形でEメカニズムを付けるとキーの動きが悪くなる事があります。
そこで、イワオフルートでは、小泉 浩先生の協力の元で新しい形のスタイルを採用しています。

フルートの改造


H足部管が欲しい


「H足部管が欲しい」と言うお問い合せを頂きます。(メーカーによっても楽器のタイプによっても接続部分は異なります。)
それに伴い、キーメカニズムも小指の位置に合わせなくてはなりません。
さらに、ギズモキーの要らない方、Hローラーを押さえると足部管のキーがすべて閉じるモデル(小泉浩先生 ご推薦タイプ)
洋銀製から銀製 銀メッキからピンクゴールドメッキ、24kメッキ等、ご希望があれば併せて製作させて頂きます。
(フルートを一時的にお預かりします。)


リップアンド管内をピンクゴールドメッキにして欲しい


最近、非常に「リップアンド管内をピンクゴールドメッキ」に希望される方が増えています。「音」が本当に変わります。
(リッププレートと頭部管の中のみにピンクゴールドメッキを施します。)
今、使用しているフルートは、管の中は勿論、リッププレートの表面、管のキズ、凹みは、出来る限り処理させて頂いた後、メッキ加工となります。

フルートの改造 フルートの改造


小指のキーが遠いので改善して欲しい


「アルトフルートを使用されている奏者の方から右手の小指のキーが遠いので辛い。何とかならないか?」と言うご相談がありました。
U字管タイプのアルトフルートもありますが、今持っているアルトフルートは直管タイプ。そのようなご要望には、簡易的に対応していましたが、最近では改造して欲しいとの依頼が増えましたので、規格品(アルトフルート 足部管)を作ってしまいました。
「始めは少し違和感を感じたが、使っている内に慣れ、結果として操作性が楽になりました。」と言うお言葉も頂いています。

フルートの改造 フルートの改造


親から譲りうけたフルートを再生して欲しい


「母から貰ったフルートですが、銀製のフルートです。古く、へこみやキズも多く、表面もきたないのですが、きれいなフルートに再生可能ですか?」と言うご相談がありました。
お店で販売されている新品フルートまでは行きませんが、限りなく近いフルートに仕上げました。



尚、上記は一例に過ぎません、これらの他にも様々な改造を承ってきました。
まずは、お気軽にご相談下さい。